模擬試験を有効活用しよう

Standard

FP試験を受ける前には、できるだけ模擬試験を受けるようにしましょう。

模擬試験は、現段階の実力が顕著に表れます。
各スクールでは、模擬試験にかなり力を入れていて、
実際の試験と同じような問題が出題されます。
従って、模擬試験があれば受け、結果を軽視することなく、しっかりと向き合いましょう。

模擬試験の結果と向き合うと、今までの学習成果がある程度自分で把握できます。
そして、点数が低かった部分が弱点であることが分かります。
そこで、点数が低かった部分を中心に再復習をしましょう。
しかし、問題集とテキストだけで試験直前の再復習を行う方法では効果が出ないでしょう。

試験直前に再復習する時は、学習のベースを過去問題集に切り替えましょう。
過去問題集には、過去に試験に出題された問題ばかりが載っているので、
試験に対する免疫力を付けることができます。

基礎的な問題集に比べて、文章にもひねりがありますし、
マニアックな問題もあるので、これらに慣れて次第に解けるようになることが大切です。

しかし、基礎力がないと、過去問題集を解くのは難しいです。
従って、模擬試験の結果があまりにも良くなかった場合は、
問題集を7割、過去問題を3割程度にして学習を進めましょう。

また、過去問題の学習だけでは本試験対策として物足りません。

そこで、使用したいのが模擬試験問題です。模擬試験は、スクールの評価につながるので、
各スクールの受験のプロが、様々な研究を重ねて作っています。

模擬試験は、非常に精度が高いため、本試験対策に使うには最適なツールと言えます。
従って、本試験対策を行う際には模擬試験問題を攻略すると良いでしょう。

テキストより問題集を重視しよう

Standard

FP試験の勉強をする際には、テキストよりも問題集を重視して勉強しましょう。
なぜなら、問題集は、テキストの重要ポイントを集めたものだからです。

問題集に書かれているものは、テキストでも重要ポイントとして挙げられています。
従って、問題集を先にやってしまえば、
重要ポイントのおさらいを短時間ですることができるでしょう。

もちろん、最初から全問正解する必要はありません。
まずは、問題集に取り組むことが大切です。

そして、問題集を解く時は、なぜその答えに至ったかを考えるようにしましょう。
ただ○や×だけを答えているようでは、知識は身に付きませんし、
問題を解く意味がありません。
自分なりに解答の根拠を考えて問題を解いていると、
間違った時の修正や再確認がしやすくなります。

根拠が理解できていれば、知識も深まります。
さらに、知識に関連性が出てくるので、覚えも早くなります。

従って、問題を解く時には、「これはこういう理由だから○(もしくは×)だな」などと
考える癖を付けるようにしましょう。

最後に、問題集には、直接マーカーで線を引くことはしないようにしましょう。
なぜなら、問題文にマーカーを引くことによって、
問題のポイントが一目瞭然で分かってしまうからです。

マーカーが引いてあると、勉強の大きな妨げになってしまうでしょう。
問題集は、繰り返し勉強するものなので、
常にきれいな状態で問題に取り組めるように紙面を保つことが大切です。

通学講座の魅力を知ろう

Standard

FP試験の3級は、独学でも受かる可能性があると言われていますが、
2級や1級、AFPやCFPを受験する際には、独学では難しいので、
通学講座を利用する勉強法を考えると良いでしょう。

通学するスクールには、実務経験が豊富な講師の方が多くいます。

もちろん、スクールの講師は受験のプロなので、試験対策などをしてくれますが、
それ以外にも様々な魅力があります。

例えば、講義の際に行われる余談ですが、
これをただの雑談であると聞き逃してしまうのはとてももったいないことです。
特に、実務をされている方が講師を勤められている場合は、
実際の業務の話をされることがあります。

このような話を聞くことによって、机の上で勉強した内容がより具体的になり、
イメージしやすくなります。
すると、単に覚えるよりも、具体化したイメージを持って覚えられるので、
勉強の効率を上げることができるでしょう。

また、講義を受けていると、様々な場面で「ここは良く出るのでチェックしておいてください」と言われます。

実は、これを全部覚えることができれば、満点は無理にしても9割近い成績を残すことができます。
通学講座の場合は、講師の方の言う通りに勉強をしていれば、
特に特別な勉強法をしなくても、確実に点数を取ることが可能なのです。

従って、通学講座は、満点を狙える環境が整っていると言っても過言ではありません。
最短でFP試験の合格を狙いたいのであれば、通学講座を選ぶと良いでしょう。

FP3級学科試験のための勉強法

Standard

FP資格が欲しいと思った方達は、まずは3級から受けることが多いようです。
なぜなら、3級は、受験申請をする際に、制限がないからです。

FP3級の試験を受験する際には、
普段から金融や経済のことを気にするように心がけましょう。

FPの試験は、時事問題の出題が多く、
直近の経済界のニュースや法律改正の部分が問題に反映されることがあります。

従って、まずは自分の興味を経済や時事問題へ向けるようにすることが
FP3級に合格するための近道です。
どうしても、最新情報を上手く入手できない方は、
スクールや通信教育を利用して最新情報を入手しましょう。

また、FP3級の学科試験は、テキストのあちらこちらから問題が拾われています。

しかし、試験問題には限りがありますし、
ここ何年も問題にされていない箇所もあります。
従って、FP3級試験の問題になっている範囲を突き止めていくと、
効率良く勉強できるでしょう。

試験で頻出される範囲を知るには、過去の試験問題集を解くと良いでしょう。

FP試験の過去問題は、市販されていて、すぐに買うことができます。
従って、過去問題を手に入れて、毎年のように出題されている部分を洗い出し、
テキストの該当箇所をしっかり勉強しましょう。

また、過去問題は、当然試験の予行演習にもなります。
過去問題集を勉強する際には、直接回答を問題集に書き込むような勉強法は避けて、
何度も繰り返し勉強するようにしましょう。
また、本番と同じように時間を測って勉強するのも一つの方法です。

自分に合った教材を選ぼう

Standard

FP資格を取得するための勉強をする時、
どの教材を選ぶかによって合格までに要する労力に違いが出てきます。

しかし、いくつかの教材や勉強法を実際に確認して比較するのは難しいものです。

FP資格取得のための勉強法は、通学講座と通信講座、独学の3パターンがあります。
合格まで効率良く辿り着くためには、
この中から自分に合った学習法や教材を的確に選ぶことが大切です。

例えば、通学講座を選んだ場合は、独学や通信講座に比べて費用がかかるでしょう。
従って、学校選びは慎重に行うと良いでしょう。

学校を選ぶ際は、資料請求することはもちろん、
できれば実際に学校へ行き、授業風景を確認するのも一つの手です。

また、各学校の合格率も、学校を選択する際のポイントと言えるでしょう。

通信講座は、距離の制限がなく誰でも受講でき、
各社から様々な教材が用意されています。

気になる講座を見つけたら、全て資料請求を行い、
比較検討を行いましょう。

また、独学の勉強法ですが、教材選びがとても重要になります。
通学講座や通信講座の場合は、最低限の質が保たれているので、
大手を選べば大きな失敗はありませんし、
疑問点があれば、質問をして解決することもできます。

しかし、独学の場合は、選択した教材だけを頼りにして、
学習を進めていくことになります。
市販されている教材は、それぞれ内容の充実度や解説内容が異なっています。

従って、どの教材を選ぶかによって、
合格までに要する労力が大きく変わってくるでしょう。

FP資格取得の勉強を独学で行う魅力とは

Standard

FP資格の取得を目指す際に、独学で勉強される方は数多くいるようです。

独学の魅力は、まず費用が安いことが挙げられます。
基本の参考書と問題集があれば、とりあえず勉強できるので、
各1冊ずつ購入する場合は、5000円程度に費用を抑えることができます。

また、現在FPに関する参考書や問題集は、
各社から様々なものが出版されているので、
自分に合った分かりやすいものを選択することも独学の魅力の一つです。

立ち読みしたり、図書館を利用すれば、購入前に全体の内容を確認できるので、
自分にとって使いやすいのかどうかの判断することができます。

通信や通学講座では、無料ガイダンスなどを利用しても全体の内容確認はできないので、
購入前に教材の内容確認ができるのは、大きな魅力です。

また独学は、通学のように開講時間や場所が決まっていないので、
自分の決めた時間に好きな場所で勉強に取り組むことができます。

それに、自分のペースで学習できるので、分かるところは簡単に流して、
分からないところを重点的に勉強することも可能です。

このような学習法は、初心者の方にとっては難しいかもしれませんが、
理解度に応じて自分に必要な学習を行えるのは大きな魅力と言えるでしょう。

しかし、逆に言うと、独学は何の制約もないので、
学習計画や教材選びなど全て自分で行うことが大きなリスクであるとも言えます。

従って、独学で学習する場合は、強い意思を持って、
より具体的な学習計画を立てることが重要となってくるでしょう。

勉強が習慣化するように工夫しよう

Standard

FP資格を取得したいと強い意思を持って勉強を実行することは大切ですが、
どんなに強い意思があってもいつまでも高く保つことは難しいものです。

従って、勉強を投げ出すことなく、習慣として勉強を継続するための仕組みを
生活の中に作っておくことが重要です。

「継続は力なり」なので、毎日何ページや何問、
何分勉強するといった目標を立てて継続できるように心がけましょう。

例えば、朝の時間を有効に活用するのも一つの手です。

朝は、静かで頭も冴えわたっているので、効率的に勉強に取り組める方が多いようです。

勉強を習慣化するためには、まずは学習計画を立てましょう。
具体的には、目標学習量の設定、中期目標や短期目標を設定すると良いでしょう。
目標学習量の設定とは、参考書や問題集を何回転するかなどを設定することを言います。

また、中期目標の設定は、設定した学習量をいつまでに行うかを決めることを言い、
短期目標の設定は、中期目標を達成するために1日当たりの勉強量を設定することを言います。

そして、設定した学習計画に沿って実行します。
学習をする中で、つまづいてしまいどうしても分からない場合は、
飛ばして先に進みましょう。
なぜなら、その時は分からなくても後で分かることもありますし、
1問に多くの時間を費やすよりも、たくさんの問題に触れた方が効率的だからです。

そして、実行した学習実績を記録しましょう。
学習記録を付けると、自分の学習成果が見えるようになるのでモチベーションが上がります。

最後に、学習計画の修正を定期的に行いましょう。
どうしても自分で行う学習は、当初の計画より遅れてしまいがちです。
従って、定期的に学習計画の見直しを行い、
目標とする学習量ができる時間を確保しましょう。

FP合格への近道は強い意思を持つこと

Standard

FP資格の取得を目指す方々は、仕事で資格取得を義務付けられたか、
スキルアップや自己啓発のために受けるかのどちらかが動機となっていることが多いようです。

仕事で資格取得を義務付けられている方は、
それを確実に実行する必要があるので、勉強を継続して行うことができるでしょう。

しかし、自分のスキルアップや自己啓発のために資格取得を目指す方々は、
資格取得に必然性がないので、自分との闘いが始まります。
従って、このような場合にFPの資格を取得したいという強い意思を持つことが大切になるという訳です。

資格試験の場合は、自分で学習スケジュールを管理し実行していかなくてはなりません。
しかし、自分で自分を管理することはとても難しいことです。

そこで、FP資格を取得したいという強い意思を保つポイントを
知っておく必要があります。

まずは、期限を設定しましょう。できるだけ具体的に目標とする試験日と試験を設定すると良いでしょう。
また、目標は近い日程で設定することが大切です。

短期目標を設定すると、集中して勉強できるため、合格する確率が高くなります。

そして、設定した試験日と試験を紙に書きましょう。
これに合わせて動機も書いておくと、より効果的です。
その他には、設定した目標を誰かに伝えると良いでしょう。
できれば、家族などの周囲の方に伝えるようにしましょう。
目標を共有することで自分に対してプレッシャーをかかり、逃げ道がなくなります。

周囲の方に伝えることが難しい場合は、
インターネット上に目標を宣言する方法でも効果はあるでしょう。

FP技能士試験の勉強方法を決めよう

Standard

FP試験の勉強をする時には、「独学」か「通信・通学講座」を利用するのかの2つの選択肢から選びましょう。
勉強法を選ぶには、目指す資格と勉強できる環境、個人の性格などによって、
より良い選択肢が変わるので、十分に検討する必要があります。

例えば、3級FP技能士の試験を目指す場合には、独学でも十分に対応できます。
しかし、FPに関して全く知識のない初心者の受験生は、お手頃価格の通信講座の利用をすると良いでしょう。

また、2級以上のFP技能士試験の場合は、3級よりも確実に試験レベルが上がるため、
独学に慣れた方以外は、通信や通学講座を利用した方が良いでしょう。
2級以上の試験は、制度改正の問題が多くあります。
受験の長期化を避けるためにも、理解しやすい通信や通学講座を利用して一発合格を狙うと良いでしょう。

その他、AFP資格は、AFP認定研修を受けるために通信や通学講座の受講が必須なので、
AFP資格を目指す方は受講しなければなりません。

また、タイプ別に勉強方法を考えると、スケジュールを立てて学習計画を管理できる方や勉強費用をかけたくない方、
自分のペースで勉強したい方は、独学でも合格を目指すことができるでしょう。

しかし、各スクールが提供している受講費用が納得できるのであれば、
通信講座を利用する方法を選びましょう。

なぜなら、通信講座は、最新の情報が提供され、自分の好きな時間に学習することができますし、
自分で調べても解決できない疑問点があれば、質問することも可能だからです。

また、通学講座に比べると、時間と費用を節約できます。
それに、通信講座は、市販のテキストよりも分かりやすく、
スケジュール管理をしてくれるので、特に初心者の方に向いている勉強法と言えます。

ファイナンシャルプランナーの合格率は

Standard

FPの試験は、1級2級3級の3種類とAFPの資格試験、CFPの資格試験があり、
それぞれの合格率は、各級や試験内容によってかなり変わってきます。

FP3級は、受験者数が一番多く、また合格率も60%と高いです。
従って、比較的簡単な試験であると言えるでしょう。

FP3級の試験は、参考書や過去問題を使ってしっかり勉強すれば
独学でも十分合格することができます。

とはいえ、30~40%は不合格になっているので、
適当に勉強しただけで合格することは難しいでしょう。

次に、2級ですが、受験者数は比較的多いです。
合格率は3級に比べるとだいぶ低くなりますが、
まだ合格しやすい試験です。
真面目に継続して学習すれば、独学での合格も可能ですが、
ファイナンシャルプランナーとしての知識や経験があまりない方は、
スクールの講座や通信教育を受講すると合格する可能性が高くなるでしょう。

最後に、ファイナンシャルプランナー1級ですが、
2級や3級と比べると受験者数が一桁少なく、学科試験の合格率は10%を切っています。
2級の難易度が並であるのに比べ、FP1級の難易度はかなり高くなり、
実務経験が少ない場合は、独学での合格は難しいです。

現役で培った知識と経験豊富なファイナンシャルプランナー向けの資格と言えるでしょう。

ファイナンシャルプランナーの各級の難易度は、
他の資格と比べると、1級は、簿記1級と同程度であり、
宅建より少し易しいと言われています。
また、2級は簿記2級程度、3級は簿記3級程度と考えられています。
しかし、難易度の感じ方は受験者によって差があるので、
これらの難易度は単なる目安と考えるようにしましょう。